2011年9月21日発売2枚組CD

 

70年代ニューソウルの自由なマインドも洒脱さも知り尽くしつつ、時に強烈なシタールやミニマルなマリンバを伴って未踏のゾーンへ飛翔する。大阪の片隅であまりにも真摯に研ぎ澄まされた、日本語レディ・ソウルの新地平!


(音楽ライター・吉本 秀純)

 

今回の新作『Sutasutasuta』を聴いたら、もうSugamiさんとしか言いようがない感じで、嬉しくなりました。背筋をピンと伸ばしたような、それでいて優しく柔らかい歌声。相変わらずメロウのツボを押さえているし、お気に入りのシタールやマリンバを使って異国情緒を漂わせながら、最終的には日本の地へ着地させている。完全に彼女の世界が確立されたと言っていいと思います。そして、2枚組の大作!でも、ただ溢れ出るアイディアを詰め込んだのではなく、そこはSugamiさん流に美しく整理されていて、最後まで一気に聴かせてしまう。ゆっくりと音楽に向き合う時間がなかったりする現代ではありますが、今回の新作は、アルバムの方からゆったりとした時間を作ってくるような、そんな感じです。物静かなようでいて動物的な激しさが見え隠れする。企みはないけど野望はある。そんなSugamiさんが今回も素敵です。


(音楽ライター・林 剛/音楽ライター)

Sutasutasuta

¥2,500Price
  • 「Sutasutasuta」
    Release: 2011.9.21
    UPCD-027/8(2DISCS)
    Uphill Records

     

    tracks:

    DISC-1 <Sutasutasuta Side>
    1. sutasutasutasuta
    2. jungleぐるぐる
    3. imawanoさん
    4. クレーン車
    5. 希望の街
    6. 見返り美人
    7. コスモス
    8. 誰かが誰かを
    9. 友達
    10. 飛行機雲

    DISC-2 <Dadada Side>
    1. おもさ
    2. しりとりの歌
    3. dadada
    4. お子様は今すぐお眠りなさい
    5. もう一度
    6. 冬の匂い
    7. 雲の峰
    8. 紫陽花
    9. 言って
    10. 君と僕
    11. true romannce